無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
大人にきびの特徴
 様々な種類のにきびがありますが、大人になってから悩むのが「大人にきび」です。

大人にきびは20代前半から30代にかけて出来るにきびです。主な原因としては次のようなものが挙げられます。
・ストレスやホルモンバランスの乱れ
・偏った食生活や睡眠不足など、生活環境の変化
・就職してからのストレスや多忙
・生理前後に見られるホルモンバランスの変化

大人にきびの特徴としては、にきび跡が残りやすいことです。これは、皮膚のターンオーバーが上手く出来ないために、にきびを補修する皮膚機能が低下しているからです、また、新陳代謝が上手くいかないために、大人にきびによるにきび跡が残りやすくなってしまいます。

大人にきびに悩んでいる方は医師・病院へ相談して、自分に合った治療方法を見つけましょう。

#113/365 / Kirstea
| nikibiatocare | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ニキビ予防のための洗顔方法
 ニキビを予防するためには、正しい洗顔方法を知る必要があります。間違った洗顔方法で洗ってしまうと、ニキビが悪化したり、増える恐れがあるからです。これから紹介する方法を是非実践してみて下さい。

洗顔石鹸には、にきび(ニキビ)用石鹸のピーリング石鹸を使いましょう。お肌が弱い方でも、効果的に洗顔できるので、とても便利です。また、洗顔後に泡が残らないよう、泡立ち・泡切れのよい弱アルカリ性タイプの洗顔料もオススメです。

洗顔する際は、お肌への負担を減らすために、超極細繊維でできたクロスを使うと良いと言われています。特に、めがね拭き用のクロスを使って洗顔すると、お肌のキメを整えながら洗い上げることができます。

もし、水質に敏感なお肌の方は、洗顔時にアルカリイオン水を使ってみましょう。アルカリイオン水は、ニキビの原因となる活性酸素の働きを弱める働きがあります。ペットボトルタイプのイオン水を購入し、洗顔用に取っておくと便利ですよ。


Mokyoktang@Poetik velvets / Ramona.Forcella
| nikibiatocare | 正しい洗顔方法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ニキビの原因
  顔のアチコチにニキビが出来てしまって困っている方、
本当に多いですよね。高い洗顔セットを買ったのに、なかなか効果が出なくて返品したり、途中で使用しなくなったケースが沢山あります。中には、自分の肌に合わない洗顔フォームや化粧水を付け過ぎて、逆に悪くなったなんてことも。

沢山の苦労をしても、なかなかニキビが治らないのには理由があるからです。それは、ニキビが出来る原因を正しく理解していないからです。

そもそもニキビは、お肌の分泌物と皮脂が固まって、肌が炎症を起こしてしまうことが原因です。また、ファストフードを代表する油分が多い外食は、お肌の新陳代謝のバランスやリズムを狂わせてしまい、お肌の油分を余計に出してしまいます。特に、お肌からの油分が多いと、それだけ汚れや皮脂を吸着するチカラや量が多くなるので、注意が必要です。

高い洗顔セットだから効果があるわけではなく、正しいニキビのメカニズムを知った上で、正しい治療や対策が必要なのです。
| nikibiatocare | にきびになる原因 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
にきび跡のケア方法
 にきび跡に悩んでいる方って、本当に多いですよね。元々、にきび跡が出来てしまうのは、無理ににきびを潰してしまい、皮膚が修復しきれない、或いはしっかりとケアしなかったことが原因です。それでは、どのようにケアしていけば良いのでしょうか。

まず大切なことは、にきび跡によごれが付着しないように、しっかりと洗顔することです。1度にきびが出来てしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまい、にきびの温床となってしまいます。そこで、洗顔フォームの泡でしっかりとにきび跡に付着している汚れが分泌物を取り除きましょう。

洗顔後は、毛穴やにきび跡を引き締めることが大切です。毛穴が広がっている状態なので、汚れが付着しやすくなっています。冷やしたタオルを顔に乗せて、お肌を引き締めましょう。また、水で軽くお肌を締めるのも効果的です。

洗顔後の化粧水は、刺激が少ないものを使ってケアしましょう。刺激が強い化粧水は、にきび跡を一層痛めてしまうため、炎症を起こしやすくします。低刺激性のものを利用して、化粧水をお肌に馴染ませましょう。

| nikibiatocare | にきび跡とは | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |