無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
紫外線対策の大切さ
 にきび跡ってとても嫌なものですが、実際にはシミ状で色素沈着してしまうものもあります。

にきびとシミには、一体どのような関係があるのでしょうか?その大きな共通点は、肌細胞が刺激を受けるという点が挙げられます。

肌細胞が刺激を受けると、メラニン色素が生成され続けてしまい、その色素が沈着してしまいます。その結果とて、お肌のターンオーバー機能が失われてしまい、にきび跡が治らなかったり、シミが残ってしまったりするのです。

しかも、シミ状になってしまったにきび跡は、半年や一年たっても残ってしまいます。さらに、紫外線の特性として色素の濃いものに吸収されてしまうため、シミ状になったにきび跡は、紫外線の影響を受けやすくなるのです。

大切なことは、にきび跡のケアには紫外線対策が重要だということです。




涼風 / amadeusrecord
| nikibiatocare | ニキビとシミの関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://nikibikaiketu.jugem.jp/trackback/13